DIARYイクラの日報

優先順位の付け方をミスした

CSのサポートが手厚い

CS(カスタマーサクセス)チームが稼働してから、イクラに加盟いただいた会社へ10分ほどのインタビューに答えていただいています。
以前までは申込書受注後にマニュアルなどをメールで送って、不動産会社様に情報の入力をお願いしていました。
それが、インタビューに答えるだけで会社ページ作成のほとんどをイクラが対応するという形になったので、不動産会社様の協力を得やすい体勢が整いました。

それによりセールスも加盟金の説明にご納得いただけることが多くなり、受注数に繋がっています。
チームで動けている環境だからこそ、周りを牽引できるくらいしっかり営業に取り組みたいと思っています。
今日は少しペースダウンしたので、明日に取り戻します。

優先順位の付け方をミスした

今朝、不動産で有名な、ある会社からのお問い合わせをいただきました。
朝礼でその会社へのアプローチの方法を木村さんから伺い、わたしから連絡することになったのですが、夕方まで連絡をせずに放置をしていました。
少しの不安感が残っていたので、木村さんに改めて話し方を確認した時には、遅いですよ。と改めて言っていただきました。

確かに遅い。またやってしまった。と反省しました。
直後に電話をしても問い合わせ元の方は電話に出なかったので、さらにやってしまったと反省をしてました。
原因はどこにあるか考えた時に、2つ思い浮かび、1つは優先度の付け方、2つはアプローチの説明時に納得できるまで聞かなかったこと。でした。
頭で十分に理解できていないと行動が極端に遅くなることが露呈した1日でした。