DIARYイクラの日報

12月に商談した不動産会社様から名前を覚えてもらってたハッピーな出来事

すごい嬉しかったこと

12月に商談した山口県の不動産会社様から入会ご希望のご連絡を頂きました。
「藤井さん、お待たせしました!」とお電話してくださって、名前を覚えてくださってることが何よりも嬉しかったです。

不動産会社様に、ホームページに私の顔が出てたので信頼できると言ってくださいました。
よく、なんの会社かわからないから不安と、不動産会社様から言われます。

不動産会社様に信頼してもらえるような何か取り組みが、もっとできればなと思います。

 

郊外だからこそメリットがあると伝えたい

今日の架電数は、111件、商談数は6件、受注は1社でした。

今日は東北エリアを中心にお電話することが多かったです。

商談の中で検討に上がらずに、失注することが何件かありました。
郊外のエリアだと特にですが、初期費用をネックに失注することが多いです。

確かに郊外は案件数が少ないので、初期費用が重たく感じるかもしれません。
ただ郊外こそ売主さんが、どこの会社に任せようか困っています。

そういうことを不動産会社様にうまく伝えることができるような営業をしないとなと、今日考えていました。