DIARYイクラの日報

何とか受注数が伸びた

久しぶりの新規架電

久しぶりにアポ以外の新規架電を1日中行いました。
数ヶ月間ひたすら新規架電を続けていた時から考えると、1か月のブランク分、営業が下手になっていました。
集中して架電をしていたときは、営業先の気持ちの変化が感じられるようになっていましたが、今日は自分のペースすら作れない状態でした。

幸いにも複数店舗から受注はいただきましたが、納得感の薄い成果になります。
そのうち1社3店舗で受注できた会社は私が以前に商談して、初期費用が高いという理由でお断りをされていた会社でした。
イクラが前進していることを評価されての受注でしたので、以前よりも受注しやすい環境になっているのだと思います、
ただ、この会社を含め、複数の会社から値引き交渉が入る1日でもありました。

値引き交渉

値引き交渉に関して、木村さんに指示を仰ぐと、値引きは一切受け付けない方針を貫いてくださいと言われました。
大きい会社だから、とか、複数店舗だから、といって値引きを受け入れてしまうと、既に加盟いただいている会社に申し訳ないし、値引きありきの弱気な商談になることを懸念されてのことでした。

今後、チームが大きくなり、私が人に伝える立場になった時にも木村さんと同じようなことを言えるのか、不安になりました。
施策に走るのも一つですが、営業力や考え方など基礎力を磨く方が今後を見据えたときに私を助けてくれるのかもしれません。

色々と悩みの多い1ヶ月ですが、その代わりに学びの多い1ヶ月でもあります。苦しいけど楽しいです。あと4営業日、走り抜けます。