DIARYイクラの日報

架電だけでは意味がない

4時間以上の電話

久しぶりに新規架電ができました。
通話時間だけで4時間以上電話していたので、ほとんど社内にいる時は架電しているような状況でした。
昨日、宣言したように「やらないことを決める」ことによって、昨日よりずっと動きやすくなりました。

ただ、この動きやすさは施策を講じないという代償のもとに成り立っているので、本当はこのままでは良くないと思います。
電話数や通話時間なんて、正直どうでも良いです。
1時間しか電話せずに10社加盟をもらえるような状況を作れるほうが、正しいと思います。
今日は電話ができていましたが、やりたいことと逆行している感は否めません。
どうやったら興味を持ってくれている人だけに電話ができるのか、考え続けたいと思います。

甘え方失敗

今朝の朝礼で大浦さんに私の対応している作業のいくつかをお願いしまいました。
その結果、私は動きやすかったのですが、大浦さんが架電できていない印象があり、「甘える」というより「押し付ける」になってしまっていたと反省をしました。
お願いする際にも、上手く伝えられていない印象があり、やはり夕礼で再確認をいただく形になりました。

イクラの皆さんに仕事を依頼するときに、話がスムーズに伝わらないと思うことが多く、私の伝え方を直さないといけないな。と日々悩んでいます。
いつも木村さんから指摘をいただくのは、主語や話の前提が共有できていないことです。
頭の中で出来上がった話のストーリーの一部抜粋して依頼してしまうので、周りの方には伝わらないのだと思います。
反省、改善、実行を高速で回したいと思います。