DIARYイクラの日報

カレンダーの6割がアポで埋まった結果

狙い通りのカレンダー

マルチタスクが苦手ということを再認識したので、やることを書き出して自分のペースで全てを進めることにしました。
そう決めて仕事に取りくみ始めたのですが、テレアポ会社様からのアポイントに始まり、イクラへの直接のお問合せ、お客様の送客に際してのサービス説明など、様々な角度から案件が飛んできて、全く自分のペースで仕事ができませんでした。

嬉しい悲鳴ではありますが、これらの問合せを同時に処理できるほど、処理能力は長けておらず、なかなか疲れました。
ただ、その結果、先日の日報で宣言した通り、カレンダーの6割くらいを商談アポで埋めることができました。
この6割のアポを7割の成功率だと予定通りなのですが、6割のアポのうち、受注は0件でした。

狙い通りにはいかない

なかなか思い通りに進めさせてくれません。
ギリギリの目標を立てているので、やはり厳しいです。
今日、上手くいかなかった原因としては、アポの確度が低いことが挙げられます。
対象としていない不動産会社様からのアポや問合せが多く、商談しても受注に繋がりませんでした。

アポの確度を高めるために、アポ取得のスクリプトの見直しや、架電先リストの変更など、高速でテストを繰り返したいと思います。
問合せの内容に関しては、全てを商談に繋げずに、ヒアリングを重視する方式へシフトしたいと思います。
今日の成果としては、アポを埋めても受注率が伴わなければ、新規架電もできないので悪循環に陥るということでした。
打てる施策はまだまだあります。
苦しいけど、楽しいです。