DIARYイクラの日報

アポ代行 最後の1ヶ月

今のままでは次がない

今日はアポ代行をお願いしている会社の大阪事務所にお伺いしてきました。
2月3月と結果が芳しくなく、4月が最後の1ヶ月になります。

そこの会社は電話をしているのが基本大学生だけです。私達からもっと歩み寄って、モチベーション高く仕事をしてもらい、アポの数を上げれるようにすべきだったと反省しています。今のままもし4月の成果が出なかった時にこちらが悪かったのか、そもそもアポ代行が合わないのか、依頼している会社が悪いのかを分かるようにする必要もあると思っています。

5月以降も継続したい

お伺いして、統括されている方と実際に電話をしてくれている学生の方ともお話をしました。

ここの会社はインセンティブがなかったり、基本採用は在籍している学生からの紹介のみで、100名以上のメンバーが在籍しています。クラブを貸し切ってのMVP発表会をしたりなど、面白い取り組みをされているので学ぶことも多かったです。学生の方からは具体的な質問をもらえたので、その場で回答をしました。またお伺いしようと思っています。

5月以降、アポ代行会社に依頼できるか出来ないかだと、絶対に依頼出来る状況を作れた方が楽なので、形にしたいと思っています。