DIARYイクラの日報

新料金体系で初の申込み

新料金体系への抵抗感

4月に入ってからイクラの料金体系に変更がありました。
先月までは申込書を1週間以内に返送いただくことを条件に加盟金を3万円でご案内していたのですが、今月からは同じ条件を満たした上で、加盟金が5万円に変更になりました。
料金体系の変更理由としては、加盟いただいている会社様の数がここ数か月で急激に増えているからです。

料金が上がったことで商談中の料金を伝える時に少しでも躊躇いや、後ろめたさがあると、雰囲気が伝わってしまいます。その結果、商談がスムーズにいきません。
ただ、改めて考えてみると、他のサービスを不動産会社様が使うときは、当社の比ではないほど料金を支払って、成約になるか分からないお客様を追いかけ続けています。
そこには広告費以外にも労務費が発生しており、不動産会社様が、利益を享受しづらい構造になっています。そして何より、一般のお客様に対しても迷惑のかかるような構造をしています。

100%を生きられているか

そう考えると、加盟金が5万でも10万でも、成約報酬なので、不動産会社様に利益をお返しできる構造になっているイクラのサービスは高くないと思います。(もちろんお客様にもお使いいただくメリットがすごく大きい)
日報で言語化することで、腹落ちがしました。翌稼働日からは、さらに自信をもって営業したいと思います。

今日は商談がそこまで伸びずに1日を終えました。
木村さんから今日は何点の成績を自分につけられますか?100点の日が増えるといいですね。とアドバイスをいただきました。
何点です。と、即答はできませんでしたが、今日は80点をあげたいと思います。
電話はしっかりできたけど、他の施策を考えられなかったり、昨日に2時間もお風呂に入っていたせいか、疲れが出てしまい、集中力が散漫でした。そこが20点の減点ポイントです。

毎日、やり切ったな。今日もいい1日だったな。成長したな。と感じられるように1日1日を丁寧に生きたいと思います。