DIARYイクラの日報

商談方法の改善にチャレンジ

難しい

今日からは新しいスクリプトを使って、商談へつなげるためのフレーズを見直しました。
新しいスクリプトでは、以前までは伝えていなかった「一括査定サイト」というワードを敢えて使用しています。
ただ、一括査定サイトのワードに対する拒絶反応は想像以上で、お伝えした瞬間に、その後の言葉は何も聞いてもらえない人が多かったです。

その一方で、少数ではありますが、訪問査定にほぼ確実に行って頂けます。とか、反響無料の成約したときだけの請求です。というワードに興味を持っていただける会社様もいました。
1日では判断できませんが、今日の商談率は極端に低かったです。
今日、電話していた一都三県には、このスクリプトの効果は薄いのかもしれません。

木村さん方式の商談

商談は木村さん方式に変更しました。
以前までは端的にポイントだけを伝えていたのですが、木村さんの商談では質問されるであろう内容を先にお伝えしながら話しを進めています。
商談時間は伸びてしまいますが、これで商談成功率が向上させて、全ての商談で申込みをいただく気概で商談を続けています。

こちらは私が慣れていないことや勘所を抑えられていないことが原因で、上手く伝わっていない印象でした。
土曜日に木村さんのロールプレイを受けて、これなら申込みをするわ。イクラのサービスに加盟しない理由がないわ。と思ったので、身につけられるまで何度もチャレンジをしつづけます。

今日も2申込みに留まり、個人目標の40社まで11社です、残りの4日間は1日3申込を4日続けて、目標達成します。