DIARYイクラの日報 / イクラのブログ

広報はチャンス多そう

先輩広報から学ぶ

今日は広報活動をうまく活用してると言われている、関西のベンチャー企業の広報の方のお話をお聞きできました。

イクラから坂根さんとわたしと先日入社した広報の石新(いしあら)さん、他に2社の方が聞きにこられました。

お話してくれた方は、もともと営業職で入社したが社長直々に広報活動をしてくれと依頼されて広報になり、0から学び活動していったとのことでした。

最初は関西の広報の方やメディアの方に会いにいって人脈を増やすことと、取り上げてもらえるような社内での取り組みをしていったそうです。

うまくいきそう

こちらの方のお話や、他社の方の質問をお聞きしていると、大きく「広報」というくくりの職種・仕事は確立されていないことが多く、SNSの活用もまだまだ分からないことが多い状況だと思いました。

そして多くの方は分からないことをするときに先に答えを求め、動くルールを決め徹底的に準備をするということもよく分かりました。

誰も分かっていないし、特にSNSは叩かれるのを恐れて動けない方が多いので、ある程度コンセプトを決めてゴリゴリ動けばいくらでもチャンスがありそうだと感じました。

わたしは今は動けないので、石新さんと一緒に楽しみたいと思っています。